おまとめローンの返済日を延滞してしまうと

おまとめローンの返済日を延滞してしまうと

おまとめローンに限らず他の借り入れでも同じことですが、
お金を借りたらローン会社との間で取り決めた約束を守って返済をしていく必要があります。
具体的には、「毎月◯日に、幾ら返済する」という契約時の取り決めのことです。

これを守り返済をすることを条件に融資を行うため、
もしも守られなかった場合には返済が遅れたことに対する損害賠償が課せられます。 損害賠償というと大事のように捉えられますが、
要するに返済日を延滞してしまったことに対するペナルティ料金の支払いのことです。これを遅延損害金と言います。

おまとめローンの遅延損害金は利息制限法に従い設定されているため、
法外な損害金を請求されることはありません。
利息制限法によると、元金10万円未満は年利29.2%、100万以上100万未満は
年利26.28%、100万円以上は年利21.9%が上限です。この上限の範囲内で設定されることになっていますが、
殆どのおまとめローンでは元金一律年利20%で設定していることが多くなっています。

規約に遅延損害金の利率が記載されていない場合は、利息制限法の遅延損害金利率上限に設定されます。
損害金は延滞した日数分の請求ですので、延滞日数が長くなるほど損害金も大きくなります。
また、残債務も影響しますので、返済はきちんと守りましょう。





HOME >