おまとめローンの法定金利と無理な繰り上げ返済

おまとめローンの法定金利と無理な繰り上げ返済

お金を借りたら金利を払って元金を返さなくてはなりません。
金利は法律で法定金利というものが定められており、借り入れている金額によって上限が定められています。
10万円以上100万円未満の借り入れについては18%、100万円以上の借り入れには15%という数字が設定されています。

これ以上の金利を取っていた場合、貸付側に行政罰や刑罰が科せられることとなります。
おまとめローンの場合、多くのケースで法定金利よりも低い数字が設定されています。
銀行系のおまとめローンでは10%以下となっているところも多くあります。

おまとめローンでは繰り上げ返済をすることも可能です。
繰り上げ返済をすることで早期に元金の返済ができるため、将来かかってくる金利負担を軽減することができます。
随時返済をする場合、ATM手数料がかからないかどうかや、返済専用口座かどうかにも気をつけなくてはなりません。

返済専用となっていた場合、無理をして返済をしたあとに再度借り直すことができません。
おまとめローンの提供元は他社のリスクを一手に引き受けることになります。

そのため審査に対しても慎重です。せっかくローンを組めたのであれば、
信用を失わないように無理な返済はせず、計画的に進めて行くことも大切です。





HOME >